分岐点

みなさんこんにちは。このツンデレな天気に順応し始めている自分がいます。人間なんだかんだ対応してしまうものですね。とはいえ早く天気が安定してほしいです。花粉はどっかに行ってほしいです。

昨日合格発表がされました。見事合格を掴みとり志望校への入学を決めた人、惜しくも思った通りの結果を得られなかった人、それぞれだと思います。ひとまずみなさんお疲れ様でした。合格者がいれば不合格者もいる。全員が全員、希望する高校に行くことができればよいのですが残念ながらそうはいきません。確かに高校3年間は人生においても大事な期間です。しかし、長い目で見ると通過点の一つだったなとも思います。どこで3年間を過ごすかも重要になってきますが、どのように3年間を過ごすかはもっと重要だと僕は思います。せっかく志望校に行けたとしても自分が怠けてばかりいたらその学校に行った意味がありませんし、逆に志望校でなかったとしても自分がその環境を楽しむ気持ちさえ持っていれば必ず充実した高校生活を送ることができると思います。その高校でもしかしたら人生を変えるような驚きの出会いがあるかもしれません。小学生の時におじいちゃんとよく見ていたテレビ「水戸黄門」のオープニング曲にもあるように人生楽ありゃ苦もあるさです。その後にもいいことを言っています。それはご自分で調べてみてください。

今日はみなさんにとっての一つの人生の分岐点になったのではないでしょうか。ここからどのように進んでいくかはみなさん次第です。何が正解かは終わってみなければわかりませんが全てのことに意味があると僕は思います。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です